税務コラム

顧問税理士を雇うことのメリット





税務に関するご依頼は、熊本で圧倒的実績を誇る税理士法人新日本にお任せください。

事前予約があれば、営業時間外や土日祝でも対応いたしますので、平日にお時間がない方もお気軽にご相談下さい。

★ご予約は[こちら]から
 

会計や税務処理のスペシャリストである税理士は顧問契約を結ぶことによって心強いパートナーとなります。早い段階から信頼できる税理士を見つけられれば、会社経営は大いに楽になります

ただし、お金がかかると言う理由で顧問契約を結ばない方もいます。

確かに顧問税理士契約は決して安くありませんが、その分メリットもあることは事実です。

では、どこに価値があるのか、この記事で参考にしてもらえればと思います。


正確な会計・税務処理をしてもらえる



税務処理はちょっとしたミスが大きな問題に発展します。申告や納付に誤りがあると、ペナルティとして後々追徴課税を取られることもあるからです。

専門スキルを持った人材が社内にいれば良いですが、そのようなケースはなかなかありません。また、その目的で社員を雇おうとするとかなりのコストが発生してしまいます。

顧問税理士ならば、顧問契約料だけで済むので社員を雇うより安価になります。そして、税のプロが業務を行うので、正確な処理をしてくれる安心感もあります。



創業期にいると心強い



法人の税務は個人よりも複雑なため処理に時間がかかります。

特に創業期の従業員数も少ない中で、そのような雑務に時間を取られると本業が疎かになり事業もうまくいきません。

なので、顧問税理士に業務を一任し、本業に専念した方が得策です。



新しい情報の提供をすぐに受けられる



重要な法改正があれば、すぐに情報を伝えてもらうことができます。税金関連の法改正は会社経営に大きく影響するので、早期に情報を得られるかどうかは非常に重要です。

税金の規定や法律は不定期に変更されるので、素人がついていくのは大変です。



優先的に対応してもらえる



税務署から突然の税務調査が入った場合、スポット契約ですぐに対応してくれる税理士を見つけるのは大変ですが、顧問契約を結んでいれば優先的に対応してくれます。

また、顧問税理士なら会社の内情にも精通しているので、スポット契約と比較して質の高い支援が受けられるでしょう。



節税や経営のアドバイスをもらえる



税理士は大きな控除の受け方、経費計上の仕方など、節税方法を知っています。節税効果は意外と大きく、顧問料を支払ったとしても、お釣りがくるほどです。

また、顧問税理士は会計や税務の観点から、経営の改善点も教えてくれます。いわば、外部経営コンサルタントを一人雇うような感覚で経営サポートを受けられるのです。



士業のネットワークを活用できる



税理士の多くは、弁護士や司法書士、行政書士等の他の士業と連携しています。

事業運営には、労務の問題や、取引先とのトラブルなどが必ず起こるので、そのような時に適切な専門家を紹介してもらうことができます。



対外的な信用



顧問税理士がいると、金融機関に提出する法人税の確定申告書に税理士の印を押せるので、信用度が上がり、有利な条件で資金調達ができる可能性も高くなります。

税理士の持つ社会的信用は、いろいろな場面でプラスに働きます。



まとめ



顧問税理士を雇うことは、絶対に必要というわけではありませんが、多くのメリットがあるので一度検討した方が良いでしょう。

経営の良きパートナーとなりえる顧問税理士を選定して、事業成長に役立ててください。






会社の税務処理や節税のアドバイスなど、税務のことなら熊本市中央区に拠点を構える税理士法人新日本までご依頼ください。三年で200社と顧問契約をした実績があり、多様なノウハウと経験を活かしてサポートいたします。創業期で苦しい方には特別料金での支援もしております。

熊本市を中心に、熊本県全域に対応していますので是非ご相談ください。 初回相談は無料です。
シングル