税務コラム

顧問税理士の変更について



税理士の変更

税務に関するご依頼は、熊本で圧倒的実績を誇る税理士法人新日本にお任せください。

事前予約があれば、営業時間外や土日祝でも対応いたしますので、平日にお時間がない方もお気軽にご相談下さい。

★ご予約は[こちら]から
 

顧問契約を結んでいる税理士に対して、ふとした違和感から「別の税理士に変更したい」と思うことはよくあります。


  • 契約締結後の初期は上手くやってくれたが、今は馴れ合いになっている
  • スピード感が落ちてきた
  • 上手く連携が取れていない
  • 経営の参考になるアドバイスをもっとして欲しい

上記のような悩みを抱えたまま今の税理士と付き合うのは苦痛ですし、変更を希望されるのも当然です。

顧問税理士の変更は、大事のように思われる方もいるかもしれませんが、昨今では一人の税理士とずっと付き合い続けているのは珍しいケースなのです

税理士もサービス業ですので、提供されるサービスに満足できないのであれば変更した方が良いでしょう。



税理士を変更するならこんな時



(1)現在の顧問税理士に不信感がある

対応やサービスが悪い」「報酬に応じた仕事をしてくれない」など顧問税理士に対して不満や不安を持っているなら、税理士の変更を検討しましょう。

「初期は対応が良かったのに、年月が経って対応が変わってしまった」場合も要検討です。

実際、契約締結前後に対応が変わる質の悪い税理士もいます



(2)求めるサービスの内容が変わった

業績が上がって会社が大きくなっていった場合、今までの税理士では規模感に対応しきれなくなるケースがあります。

そんな場合でも、顧問税理士を変更すれば、税務の効率化やスピード化だけでなく、的確なアドバイスを受けられるようになります



(3)経営者が変わる時

経営体制が変わる時も、税理士変更を考えるタイミングです。

先代の事業主の意向で長年付き合っている顧問税理士がいる場合、

  • 世代が違って話が噛み合わない
  • 馴れ合いの関係になっていてサービスの質が落ちている
  • フットワークが重い

などの問題を持っている可能性もあります。

経営者が変っても質の高いサービスを続けてくれるなら良いですが、そうでなければ契約を解除して新しい税理士を見つけましょう。



顧問税理士変更で避けたほうがよい時期



税理士の変更には特別なルールがあるわけではないので、基本的にはいつ変更しても構いません。

  • 事前に契約解除の意思を伝える
  • 預けていた資料の返却を要請する
  • 新しい税理士と顧問契約を締結する

といった事項を、きっちりと行なえば良いのです。

ただし、変更に適さない時期もあるので注意が必要です。

  • 決算申告前の時期
  • 税理士が忙しい時期

変更は企業側にとっても引き継ぎがスムーズにできる時期がベストです。

そのため、上記二点の時期は避けて、落ち着いた頃に申し入れをするのが良いでしょう。



まとめ



不満や不安を抱えているのであれば、顧問税理士の変更は積極的に行いましょう。

ただし、頻繁な税理士の変更は、引継ぎが煩雑になり会社業務への支障となる恐れもあります。また、タイミングを誤るとスムーズな引継ぎができないので注意してください。

自社にとって適切な税理士と顧問契約を結んで、事業成長に役立てましょう。





会社の税務処理や節税のアドバイスなど、税務のことなら熊本市中央区に拠点を構える税理士法人新日本までご依頼ください。三年で200社と顧問契約をした実績があり、多様なノウハウと経験を活かしてサポートいたします。創業期で苦しい方には特別料金での支援もしております。

熊本市を中心に、熊本県全域に対応していますので是非ご相談ください。 初回相談は無料です。
シングル