税務コラム

記帳代行を税理士に依頼すべき理由





税務に関するご依頼は、熊本で圧倒的実績を誇る税理士法人新日本にお任せください。

事前予約があれば、営業時間外や土日祝でも対応いたしますので、平日にお時間がない方もお気軽にご相談下さい。

★ご予約は[こちら]から
 

記帳作業については、コスト削減のために、ご自身でやられたり従業員に行わせたりする方も多いかと思います。

記帳作業は事業に関するお金の流れを把握することでもあり、ご自身でやる意味もありますが、反面、作業に時間を取られて本業に支障が出たり、会計帳簿に誤りがあって決算申告のミスにつながるリスクもあります

そのため、税金のプロである税理士に記帳代行を依頼した方が良いと言えます

記帳代行をすれば「時間の節約」や「正確な帳簿作成」の他にも多くのメリットがあります。



記帳とは



そもそも記帳という作業がどんなものかご存知ですか?

記帳とは、事業運営において行った様々な取引内容を帳簿に記入することです。

個人事業主の所得税や会社の法人税を納付する際、納税者は所得金額と税額を正しく計算して申告をしなければなりません。その計算を行うために、収入金額や必要経費に関する日々の取引状況を帳簿に記録するのです。なお、作成した帳簿は、一定期間保存する必要があります

記帳は、このように税額計算を主な目的として作成されますが、同時に事業経営を見直す際にも非常に役立ちます。

事業の存続には、経営状態を定期的にチェックし、合理化や効率化を図ることが欠かせません。そのため、お金の流れが記されている帳簿と決算書が「正確かつ見やすく」整理されていることが非常に重要になってきます



記帳は時間のかかる作業



帳簿の作成は税務に関する知識が必要な上、煩雑な作業が求められますので、時間のかかる作業です。それにもかかわらず緊急性は高くないので、ついつい後回しになりがちです。

日々、経営の課題解決に忙しい事業主様の場合、ため込んだ記帳作業を確定申告の直前に徹夜して終わらせる場合もあるでしょう。しかし、慌てて作業をすると、正確な記帳ができない可能性がありますし、他の業務に支障が出るかもしれません



税理士に記帳代行を依頼するメリット



税理士に記帳代行を依頼すれば以下のメリットを受けることが可能です。

 

(1)時間の節約

帳簿の作成は税務に関する知識が必要な上、煩雑な作業が求められます。そのため、税理士に依頼した方が作業効率は遥かに良いと言えます。

特に創業期の場合、本業に専念しなければならない大切な時期のため、会計帳簿作成に時間を割いてしまうと、会社経営にとってリスクが高まります。

 

(2)金銭的なメリット

経理担当の従業員やパートを雇えば、高額の人件費がかかってしまいますが、税理士の顧問料は月々数万円の相場もあり、コスト削減につながります。(※顧問料は会社規模の大きさによって変わります)

 

(3)節税

税法上の特例を活用して節税したい場合は、税金計算だけでなく、要件や手続き方法を自分で調べなくてはなりません。また、税法は毎年のように変わるので、最新の情報を常におさえておく必要もあります。はっきり言えば、手間がかかりますよね。

税理士の場合、税金に関する情報を常に把握しているので、毎年の税制改正に対応して節税のアドバイスすることが可能です。



まとめ



正確な記帳を行うことは、決算書を作成し税額を計算するだけでなく、事業経営の合理化・効率化を検討するうえでも非常に重要です。

しかしながら、ご自身でやるとなるとどうしても時間がかかってしまいますし、記入漏れなどのリスクも発生します。

税理士に記帳代行を依頼すれば多くのメリットがあります。お悩みの方はぜひご相談ください。





会社の税務処理や節税のアドバイスなど、税務のことなら熊本市中央区に拠点を構える税理士法人新日本までご依頼ください。三年で200社と顧問契約をした実績があり、多様なノウハウと経験を活かしてサポートいたします。創業期で苦しい方には特別料金での支援もしております。

熊本市を中心に、熊本県全域に対応していますので是非ご相談ください。 初回相談は無料です。
シングル