税務コラム

税理士の独占業務とは





税務に関するご依頼は、熊本で圧倒的実績を誇る税理士法人新日本にお任せください。

事前予約があれば、営業時間外や土日祝でも対応いたしますので、平日にお時間がない方もお気軽にご相談下さい。

★ご予約は[こちら]から
 

税理士は税務のプロとして、様々な業務を行うことができますが、中には税理士しか行えない「独占業務」もあります。独占業務とは、特定の有資格者のみが行えるものであり、無資格で業務を行うと法律違反となります

税理士の独占業務は主に3つです。

    税務代行…納税者(個人や会社)の代わりに税金の申告を行う業務
    税務関連の書類作成…税務署へ提出する書類の作成代行
    税務相談…主に節税に関する相談や助言

上記に関する業務は、税理士しか行えず、他の士業や業者には依頼できません。



税理士の独占業務①税務代行



個人や企業は所得税や法人税などを納める義務があります。ただし、税法関連は内容が複雑のため、知識や経験がないと、手続きに時間がかかってしまいます

そんな場合は、税理士に税務代行をしてもらった方が良いでしょう。確実な申告が出来る上に、自身は経営に専念できます。

こうした自分で申告・納税するのが難しい方に対して、税理士が代行するのが税務代理業務です。税務署からの調査・指摘に対して不服申し立てなども行ってくれます。

また、税理士は税務調査の対応も可能です。税務調査は質問形式による任意調査ですがほぼほぼ断ることはできません。

調査官の質問に的確に答えるのは簡単ではありませんし、多くの資料や内容を把握しなければならないので、本業が疎かになる可能性もあります

税理士に対応を任せればスムーズに調査を終わらせることができますし、税務署にも好印象となります。仮に修正申告をすることになったとしても、迅速なサポートが受けられるので慌てずに済みます。



税理士の独占業務②税務関連の書類作成



税務関連の書類は確定申告書だけでなく、企業の決算書や源泉所得納付書などもあります。税理士が作成できるのは以下の書類です。

  • 確定申告の税務書類
  • 青色申告の税務署類
  • 個人事業主及び法人の月次・年次決算書(損益計算書、貸借対照表)
  • 相続税の申告書
  • 源泉所得納付書

これらの書類は作成に専門知識を要します。加えて、経験がないと抜け漏れが発生するリスクも出てきます。正確かつ迅速に書類作成を行いたいのであれば、やはり税理士に依頼するのが一番です。



税理士の独占業務③税務相談



税金に関して質問への回答ができるのは税理士だけです。
具体的には以下の相談について対応できます。

  • 納税に関する相談
  • 税務調査に関する相談
  • 会計業務に関する相談
  • 事業運営に関する相談

他にも相続税に関する相談や、不動産取得時などの相談もできます。
税理士によっては、経営サポートもしてくれるので、かなり心強い存在になります。



まとめ



税理士の独占業務について説明してきました。

税金関連で困った場合は、すぐに税理士に相談しましょう。





会社の税務処理や節税のアドバイスなど、税務のことなら熊本市中央区に拠点を構える税理士法人新日本までご依頼ください。三年で200社と顧問契約をした実績があり、多様なノウハウと経験を活かしてサポートいたします。創業期で苦しい方には特別料金での支援もしております。

熊本市を中心に、熊本県全域に対応していますので是非ご相談ください。 初回相談は無料です。
シングル